裁判覚悟で戦うつもりなら

 

 

民事裁判を行なう場合、一般的には弁護士に相談します。

 

また、自分で訴訟を行なう本人訴訟というのもあります。

 

民事裁判の場合、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。

 

そして、受理されれば、訴状が相手方(被告)に通達され、第1回目の期日がきまります。

 

そして、民事裁判は、原告と被告ともに出席せず書面で行なわれる裁判も多いです。

 

このような形式の裁判が2〜3年続くこともめずらしくありません。

 

このような流れを弁護士に依頼して行なうと、まずは着手金がかかります。

 

この費用のポイントは、途中で弁護士を解任しても却ってこないこと、裁判で負けても却って来ません。

 

また、民事裁判に限定すれば、着手金の費用の相場は、20万円から30万円になります。

 

そして、裁判に成功した場合には、弁護士に成功報酬を支払わなければなりません。

 

この相場は決まっていませんが、一般的には、訴額の何パーセントとなっています(おおよそ5から20パーセント)。

 

民事裁判の場合も刑事裁判の場合もどちらも証拠をもとにして裁判を行いますので、この用意が必要です。

 

例えば原告から被告人に「何々を認めなさい」ときた場合に、被告が証拠をもって反論しないとこれを認めたことになりますので、裁判では最も重要なものの一つとなります。

コメント